Happyこそすべて

Pharrell Williams – Happy

このWebサイトがクレイジーで気持ちいいんです。

アメリカのシンガーPharrell Williamsの“Happy”という新曲のために公開されているこちらのサイトは24時間ぶっ通しで見せるユニークなプロモーションビデオ。

どんな趣向かというと、およそ4分の曲を24時間ひたすら連続再生でループし、その間一曲毎に毎回違うダンサーがそれぞれのパフォーマンスを見せるというもの。
その場のシチュエーションなどはその時間に対応したものになっており、ユーザーは自由に時間を進めたり戻したりしながらダンサーを次々と切り替えていくことが出来るインタラクティブな造りになっています。

K’confより)

http://24hoursofhappy.com/

どこをどう切り取ってもカッコイイ

AM10:00のファレル。

AM10:00のファレル。

さまざまな、Happyなダンスが「24時間」つづく。

さまざまな、Happyなダンスが「24時間」つづく。

ところどころに出てくる有名人を探すのも楽しく、シンプルなルールでいつまでも見続けられるのは本当に気持ちいい。YouTubeでは再生回数が2億を突破しているとか。

世界各国の都市バージョンも派生しているらしく、たとえばスター・ウォーズ(都市っていうか星じゃん)。

そして4月29日、原宿バージョンも公開されました。

出演者は、オープニングを務めたファッションブランド「FIG&VIPER」クリエイティブディレクター植野有砂をはじめ、渋谷区長の桑原敏武やビームス代表取締役社長の設楽洋、ユナイテッドアローズ取締役会長の重松理、SHIMAの奈良裕也、FALINEオーナーのBaby mary、Yusuke Devilといったファッション関係者に加え、二足歩行ロボットのASIMO(アシモ)やプロレスラーの蝶野正洋まで多彩な顔ぶれだ。

Fashionsnap.comより)

すこし前の『恋するフォーチュンクッキー』のような流行り方ですね。上手い下手関係なくダンスで繋がれるって、もう見ているだけで幸せ。しかも原宿バージョンを見ると、作り手の狙い通りに、原宿に行きたくなる。観光ムービーになってる。

そういう点もふくめて、音楽がもつ力って改めてすごいなと思いました。全世界で大ヒットしている『アナと雪の女王』も、ストーリーよりも音楽でヒットしているし。気がつけばファレルの『Happy』、絶賛ヘビロテ中です。

 

顔写真を137個のお寿司で描きます。後半のダンスは振付稼業air:manによるもの。

顔写真を137個のお寿司で描きます。後半のダンスは振付稼業air:manによるもの。

あ、余談ですが、僕も先日、ハッピーな音楽をど真ん中に据えたWebコンテンツを公開しました。

その名も『ハッピーバースシー』。

宇宙にひとつだけのハッピーバースデー・スシ・ムービーを作って、誕生日をたのしくお祝いしよう!‥‥というもので、お祝いしたい人の顔写真がお寿司になって登場します。

歌は加藤登紀子さん(『紅の豚』のジーナ!)。企画から映像制作、サイト制作に至るまで、ハッピーにあふれたお仕事でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中