DACADE

10年前の先輩

Blogを書き始めて今日で10年が経ちました。

初めて書いた日のエントリー

まだまだ未熟です。

分からないことと知らないことが混在しています。

分からないことを明らかにするために、日記を書くことにしました。

(中略)

生きている間のことを、書こうと思う。

(2003年5月28日付「webという海の中で」より)

な、何?この意味深な日記は‥‥。

10年前の学校

無理もない、と思います。

だって、死の淵から蘇ったばかりの23歳、2回目の大学3年生、自分の体が自分でないような幽体離脱感がつづく日々だったのだから。

10年前のいとこ

詳しくは「2003→2013 生きてます。」に書きましたが、あれから10年間の足跡が、断片的にでも自分の言葉と写真と落書きと趣味全開のYouTubeリンクなどで残っているというのは、いいものです。

5年前は赤坂サカスで働いてたんだなぁ、とか。2009年にゼクシィを買ったけど結婚するのはその1年後にお預けなんだよな、とか。その程度ですが。

10年前は夫婦

有名な話ですが、あのGACKTは「10年後の自分はどうなっていると思いますか?」という質問に

まぶしくて見えない。

と答えたとか(何年前に?)。

自分では、あまり歳を取ったとは思ってなくて。全身がまぶしくなるようなオーラをまとうほどの成長もないですし、頭皮がまぶしくなるほどの後退も今のところないので、生きてるだけで丸儲け、と思って日々を生きています。

 

10年前の妻

私とTumblrたんの甘い日々

元からこの世界は地獄だ 強い者が弱い者を食らう 親切なくらい分かりやすい世界…

元からこの世界は地獄だ 強い者が弱い者を食らう 親切なくらい分かりやすい世界…

Wikipediaによると「メディアミックスブログサービス」というなんとも難解な定義が付けられているTumblr(たんぶらー)が、米Yahoo!に11億ドルで買収されました(しかも現金払い!)。

タイムラインを流れる、フォローした人たちからの画像や音声、テキストから「これは」と思ったものを好きにReblog(Retweetのようなもの)するだけの簡単なお仕事。
僕のTumblrはもちろん僕好みのものしかないので、自分のお気に入りの貝殻しか入っていない宝箱みたいなもんです。

2013年4月にReblogしたものたち。 http://tacrow.tumblr.com/archive

2013年4月にReblogしたものたち。 http://tacrow.tumblr.com/archive

 

買収のニュースが駆け巡ると、Twitterでは「Tumblrご臨終」「R.I.P」「Tumblr 2007 – 2013」などとツイートする人々が散見されましたが、自分もそのひとりです。

なぜこの買収が「死んだ」と揶揄されるかは、人気の高かった写真共有サービスflickrを買収してその魅力を台無しにした「前科」があるから。詳しくは「米国 Yahoo!、Tumblr を10億ドルで買収 ― Flickr 買収失敗の教訓は活かされるのか?」に書かれているとおり。

学生時代に作ったflickrは、気づいたらYahoo!と統合されてYahoo! IDがないとログインできなくなって、ついに入れなくなっちゃいました。2005年から更新されない、ラピュタを護る孤独なロボットのように、ただ居るだけ‥‥。新たにアカウントを作りましたが、昔の賑わいはもうありませんでした。

そんなYahoo!のことだからTumblrも改悪されるんじゃねーの?!と思われるのは仕方ない。flickrもTumblrもそれだけ熱心な愛用者がいる(いた)ということです。それは先日書いたSoundCloudと同じく、単一機能のサービスで、目的と設計が超シンプルだから。

本質を変えずにいてほしいと願うばかりです。

 

関連記事
米Yahooが Tumblr買収を正式発表、「ダメにしないことを約束」。カープCEO続投で独立運営

米ヤフー、Tumblr買収で「台無しにしないからね」

SoundCloudいいよね話

SoundCloud(サウンドクラウド)という音楽のシェアサービスがいつ頃から浸透したのか分からないほどに、気づいたら自然と愛用していました。僕はもっぱら聴く側ですが。

2008年にスタートした音楽共有サービス『SOUNDCLOUD』。
サービス名やロゴが非常にシンプルで分かりやすく、2012年7月現在、多くのミュージシャンや音楽ファンに受け入れられつつあります。
(中略)
「最近注目されている」と言っても、サービスそのものは目新しい部分はありません。ただ、既存の有名なWEBサービス、SNSの良いところを上手く掛け合わせ、音楽を主体としたサービスへと昇華しているところがSOUNDCLOUDの大きな特徴です。

無償でアカウント登録をし「リスナー」として楽しむ場合、まず気になる他のユーザーをフォローするところからスタートします。

フォローしなくともアップロードされた音楽を楽しむ事は可能ですが、音楽的嗜好性を軸にしたサービスのため、気になるユーザーをどんどんフォローしていき、Twitterと同じようにタイムラインを作っていくと、このサービスの面白さが掴みやすいと思います。

SOUNDCLOUDがユーザーに受け入れられた理由とは?

好きな人をフォローすると、その人がアップロードした音楽を楽しめる。モノによってはダウンロードもできる。楽曲をオリジナルのままアップロードしてまるっと聴けるよ、という怪しい方向性もたまにありますが、本当に音楽やアーティストのファンが作った「REMIX」が多くアップロード、シェアされているように見受けられます。くるりの岸田さんも作曲途中の楽曲をSoundCloudに公開してたような。

ほんと、どんな曲でもREMIXする人がいて、カッコイイ。

 

 

 

 

 

こういう、ひとつの機能に特化したサービスが好きです。ユーザーじゃないけどpixivも近いのかな。世界にはセンスのある人がこんなにもいたのか!と、世界中のセンスをあぶり出すサービスとでも言えそうです。

細かい操作性もすばらしくて。楽曲を再生中にSoundCloud内の別ページに移動しても、次の曲を再生しない限り、再生中の曲は途切れることなく聴き続けられる。このシームレス感が気持ちよさを作り上げています。なんと上に並べたものも同様の操作性が担保されてます。すごい。

 

オススメのSoundがあれば教えてください。

SoundCloud – My likes

「先のことなど」

5月5日の『ほぼ日』の「今日のダーリン」より。

・『私がオバさんになっても』という歌を歌ってたとき、
 森高千里さんが想像していた「オバさん」の年齢を、
 おそらく現実の森高千里さんは、超えてしまった。

 ビートルズは、まだじぶんたちが20代のころに、
 『When I’m Sixty-Four』という曲をつくった。
 ずっと先だということの表現としての64歳を、
 追い抜いてしまった。
 その年齢までたどり着かなかったビートルもいるが、
 「ずっと先」は、もう過去のことになっている。

 「いつまでも」とか「ずっと」とかいうことばは、
 口先で言うのは簡単だけれど、あんがい2年とか3年、
 せいぜい10年くらいを意味しているかもしれない。
 そう考えた人たちが、それじゃいやだ、と。
 できるかぎり正直な「いつまでも」を、
 具体的に提示したのが、これらの歌のコンセプトだ。
 つくったときには、時間がどんな速度で過ぎていくのか、
 本人たちは知らなかったのである。
 「30歳以上を信じるな」ということばがあった。
 実にスカッとした、思いきりのいいことばだ。
 しかし、これを読んでいる30歳以上の方々なら、
 とっくにおわかりのことだと思うけれど、
 「30歳以上を信じるな」と言ったとたんに30歳になる。
 まさか、小学生とかはこういうことを言わないだろう。
 いちばん、こういうことを言うのは20代の若い人たちだ。
 だから、10年も経たず、あっという間に、その
 「信じちゃいけない年」の人になってしまうのだ。

 光陰は矢の如しである。
 想像もしてなかった年齢に、すぐなっちゃう。
 想像もしてなかった土地でも人間は暮らせるように、
 想像もしてなかったじぶんとして、人は生きられる。
 ただ、なんとなく想像してなかったので、勝手がちがう。
 64歳を過ぎたポール・マッカートニーは、
 ステージで『When I’m Sixty-Four』を歌うけれど、
 歌われている主人公と、じぶんを重ねてない気がする。
 森高千里さんは、あの歌を、どんなふうに歌うかなぁ。
 無理にまとめてみよう。
 つまり、その、「先のことなどわからないものさ」。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「こどもの日」、祝われている期間は、あんがい短いのさ。

MOVIE to MUSIC

 

アイアンマン1〜3のシーンをふんだんに使ったREMIX作品。
ちゃんとメインテーマを要所に組み込んでいるところがファン心理をくすぐります。

同じ方が作った、ダークナイトのジョーカーのシーンを集めたREMIX。

 

これまたメインテーマをベースにまとめられており、超クール!
『ファイト・クラブ』のサントラにも主人公のセリフをちりばめた曲が入ってたのを思い出しました。

 

コレ。
タイラーはアメコミのヒーローじゃないけど、かなり近しい存在かもしれません。僕の中では。

PUSH for Ultrabook™

最近のお仕事です。

PUSH for Ultrabook™ – Play now to win an Ultrabook.
http://www.intel.com/push

PARTY川村真司さん清水幹太さんとの案件。

push

この超Coolな装置、千駄ヶ谷の弊社にあるんです。
連日連夜、裏でブロックを詰めてます。

push

TwitterかFacebookから参加してみてください。