タオパイパイ

夜、コンビニから帰る途中の道で
自転車を両手放しで走る男とすれ違った。

男は器用にも腕組みをした状態で、
猛スピードで僕と彼女の前を走り去った。

その、走り去るか去らないかのタイミングで
彼女がケラケラと笑いはじめた。

「今の人、タオパイパイみたいだった!」

 

 

空中に投げた柱に乗って、
腕組みをしたままぴゅーっと
飛んでいったタオパイパイ。

 

自転車のお兄さん、あなただったんですね。