ハート提出

〆切を守れない人は、
 次から打席に立つチャンスを
 永遠に失うということです

 

CMディレクター・中島信也さんから
5月に聴いた内容をメモします。

ちなみに信也さんはサントリー伊右衛門やソニー、ユニクロなどのCMディレクションを手がけるCM界のガンジー。いや、ガンジーは別にいるから、CM界の一休和尚です(勝手に言ってるだけです僕が)。
ムサビの大先輩&お世話になった先生でもあります。

 

いやぁ、一休さんぽいなぁ、目から上が。

 

一流になるための極意は、何やと思う?
 ふっふっふ、それはな、“提出”することやねん」

なんてシンプル!でもって当然!

でも、それが一定のレベルを超えて
コンスタントに、期日以内に提出できるのがプロってこと?
僕はしばしば、その難しさに直面しています。

 

「“提出”はすべての始まりやね」
「トップクリエイターも“提出”をして人に見てきてもらったんやね」「大事なのは、“提出”することで次の打席に立たせてもらえるっちゅーこと。打席に立てんとホームランなんて打たれへんがな」「プロとは、次の仕事を呼び込める人のことやねん」「プロは、つぎ頑張ればいいや、なんてないねん。地獄やねん

なるほど‥‥地獄‥‥。

「“提出”した次に、こいつオモロイぞと思ってもらえるかどうかや」
「オモロイ奴かどーかは、目立つかどーかとちゃうねん。
 “提出”したものに光るものがあるかどーか、これや」

提出もしてないのに自分が面白いなんて思い込むのは負け犬の遠吠えよりも始末が悪いってことですね?
吠えてすらいないって意味で‥‥。

「よーするに、ハート提出!ハートのある提出をするこっちゃ」
「〆切を守る。ハート提出する。宿題やない。ぜんぶ自分のためや

 

ははぁーーーーーっ!!!