Title Sequence

グラフィカルな映画のオープニングを集中的に鑑賞。
どれも期待感を煽るものばかり。もちろん、いい意味で。

 

『007 カジノロワイヤル』

トランプ状に砕けるさまが気持ちいいです。
平面のシルエットに見えて実は3D、という
表現は『300』でもあったけど、好きだなぁ。

『300』
youtube.com/watch?v=TPiK2vYGl94

 

『Catch me if you can』(直訳:鬼さんこちら)

シルエットがかわいいのと、
色使いがきれい。渋い。

 

『Kiss Kiss Bang Bang』

大人!サスペンス!峰不二子って感じ。
フェンスの上の、空中に女の目だけを出すって、
なかなかできないことだと思いますよお兄さん。

 

こうやって見ると、いかに音楽が大事か、
そして音楽とのシンクロが肝なのかがわかる。

だけどいちばん大事なのは
文字ですね。
タイポグラフィ。

場に合う文字が
タイミングよく出るから、
同じような絵柄でも
数分の尺を長いと感じさせない。

当たり前のことを改めて痛感。

 

おまけ

 

ラストがちょっと不細工なんだよな。