この気持ちよさは、

ソニーのブルーレイ、
のスクリーンセーバーが面白いです。

SONYスクリーンセーバー

好きなキーワードを入力すると、自動でそのキーワードをWeb検索。
検索結果のテキストや画像などにモーションを付けて表示する。

これが、

「ソニーのブルーレイなら
 気になるワードをいれるだけで
 番組を自動で探してどんどん録画」

という機能訴求を表現している、ってことらしい。

 

試しに(当然)Perfumeと入れてみると‥‥
す、すげえ。大量のPerfumeがワサワサワサワサ‥‥!
動画(YouTube)まで現れるのには感動すら覚えました。
(むしろ商品の性格を考えると動画が正しいですね)

 

ただ、会社の先輩の反応は「イマイチ」。
そのココロは、「なんか商品に落ちきっていないとゆーか。
ソニーじゃなくても言えることじゃん」とのこと。

いやいや、それは誤解ですよ先輩。
おまかせ・まる録はソニーの独自機能です。

「じゃあ、そのことが強く伝わってないんじゃない?」

ソニーのブルーレイなら、って言ってるんですけど、
たしかにサラリと言い過ぎて損してるかもしれません。

 

「ソニーのブルーレイなら
 気になるワードをいれるだけで
 番組を自動で探してどんどん録画」
          ↓
「それが<X-おまかせ・まる録>。」
          ↓
「この気持ちよさをあなたのPCで体験してみませんか?」

 

という一連の流れの、ラストの一歩手前かラストで

「この気持ちよさは、ソニーだけ。」

って言っていればかなり変わったんじゃないかなぁ?
なんてことを思ったりしました。
落とすコピーを付けてあげたい。

ただ、スクリーンセーバーの機能や演出自体は
とっても“気持ちいい”ので、久々にヒットです。
自分の好きなものを入力することでより深く
体験できるところが上手いなぁと感心しました。

こんな感じで。



まんまと宣伝要員っぽいエントリーになってしまいました。
(もちろん、こんな仕事がしたいですが僕は無関係です)

〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバー

呪縛からの解放

記憶させていただきます。

 

Perfumeの魅力のひとつは、カラオケというある種の呪縛から解き放たれたところにある。まあ酔っ払うと歌うのだけれど。(中略)しかし歌ってみるとわかるのだが、Perfumeをカラオケで歌うのはじつはすごくつまらない。元々、楽曲自体がカラオケ用に作られているわけではない。声はがんがん加工され、起伏に富まない調子。歌い手本人が快感を得られるようにもなっていない。歌詞だって最近はそうでもないけれど、昔はそれこそ「リニアモーターガール」の連呼。本当は、あ〜ちゃんは黒人シンガーばりのソウルフルな歌声の持ち主だが、そうした個人の素敵な能力というものを軽く踏み潰したのが中田ヤスタカという暴君であった。

Perfumeの肉体言語@代々木体育館WOWOW – 深町秋生のベテラン日記

 

なんかすごくいいことを
書こうと思っていたのに、
忘れてしまったので寝ます。

「あなたは僕の太陽でした」

かつて、毒舌司会者として
お茶の間に親しまれ、現在は芸能界を
引退した上岡龍太郎さんの、
故・横山ノック氏をおくる言葉。

 

 

芸人を、話芸で、送る。

しかも、4分55秒、カンペも読まず、
だれることなく、故人の足跡をたどり、
人柄の伝わってくる内容で。

「1分で泣ける」とか「いい話」とか、
「観た人の98.5%が涙した!」とか、
そういう煽り文句が虚しく映るほど、
すごい。

続きを読む

赤坂焼肉

先週末、大学の先輩デザイナー・ちくりんと
ちくりんの所属する事務所の社長、僕の同期、
の4人で赤坂の焼肉に行きました。

七輪を囲んで、
まったく不思議な縁で
つながったテーブルでした。

 

デザインの話、広告の話、アメリカの話、
大学時代の話、ちくりんのおかんの話、
社長の下積み時代の話、死にかけた話、
Perfumeがいかに素晴らしいかという話。

 

「広告でなにかを解決するのは当たり前と思った方がいい。
 それ以上の何を届けられるか」
「マーケティングっていうけど、そのお茶なり商品なりが
 どんな幸福を与えられるのか?ってことじゃないかなぁ」

 

社長の言葉が「幸福のかたち」で一貫してることに、
陳腐な表現かもしれませんが、勇気をもらいました。

 

それにしても、焼肉うまかった!

乗っかり広告

企業や商品Webサイトにある
「about」「movie」「photo」などの
いわゆる常套メニューを、すべて外部の
ソーシャルメディアを使って構成ーーー
“寄生虫のような”スペシャルサイトです。

 

▼Skittles.com: Interweb the rainbow.
http://skittles.com/default.htm
※Skittlesというお菓子のプロモーションのようです。

続きを読む