フグ

駅前のフグ料理店には、歩道に面して大きな
水槽があって、30〜40cmはあるであろう仏頂面の
魚が10匹ほど泳いでいる(半分は底で寝ている?)。

これを見た彼女が「飼いたい!」と言いだし、
さっそく新宿東口の熱帯魚屋さんに行ってみた。

店内にいたのはちょうど10ぶんの1サイズの
ミドリフグというやつで、ずいぶんかわいい。
ヨタヨタと、泳ぎもぎこちない感じがする。

 

「なんか印象が違う。フグが飼いたいんだけど」
「だから、ミドリフグじゃん。これもフグだよ?」
「え!?もっと大きかったよ?」
「生けすにいたフグはトラフグだよ?無理無理!」
「じゃーいいや」

 

完全ミドリフグ飼育モードになっていたのは
僕だけのようで、帰ってフグについて調べる。
要は大きくて飼えるフグがあればいいんだろ。

 

ミドリフグの小鉄を飼育し始めてから半年が経った。
最初のころは、2〜3センチくらいしかなくて
「ちろちろ」泳いでいてかわいかったけど、
今じゃ、6〜7センチくらいになって
「ぶりぶり」泳いで貫禄すらある。

ぷっと吹く人 – ミドリフグの飼育キロクさんより)

 

おぉ〜!!
どうやら、ミドリフグは10cm前後にまでなるらしい。
写真を見ると、熱帯魚屋で見たあどけない姿から
大人の貫禄に成長しているのがわかる。すごい‥‥。

いろんな飼育ブログやサイトを見れば見るほど、
これはハマりそうな予感‥‥お金もバカにならんぞ。

10cm前後になることを彼女に知らせて、ジャッジしてもらおう。
トラフグを飼おうと思っていた人だから、たぶんNGだろうけど。

 

今度、駅前のフグ料理店に入ってみよう。
これもまた、お金もバカにできんだろうなぁ。

 

参考
熊本県ミドリフグ飼育組合
ぷっと吹く人 – ミドリフグの飼育キロク