消えた大陸

約1年前、ある1本の動画に出会っていなければ、僕は
Perfumeにここまで入れ込んではいなかっただろう。

『道夏大陸』

その奇跡の動画が、ついに「ニコニコ動画」から消えた。
社団法人音楽制作者連盟の会員の権利を侵害していたため、
または申し立てがあったために。

【ニコニコ動画】道夏大陸 Perfume篇

モヤモヤとした「ニコ動オワタ」と言いたくなるような
虚無感をどこにぶつければいいのかと思ったりもしたが、
作者さんはかなり冷静に現実を受け止めているご様子。
ブログには、

「勘違いしちゃいけない。俺たちは被害者なんかじゃない」

とも書かれていて、まるで言い聞かせているようで泣ける。
というか、動画よろしく泣かせどころを知った人間だなぁと
僕も冷静になってみる(動画はとうの昔にiPhoneへ入れてるし)。

ともあれ、道夏さんがPerfumeのファン及びセールス拡大に
寄与した貢献は計り知れないものがあると考えていいだろう。

そしてこのムーブメントがニコニコ動画を震源地として全国に
流布したことのインパクトは、ある意味でUNIQLOCKなんかより
ずっと強力なコミュニケーションだったんじゃないかと思う。

仕事の企画書で「○○(商品名)のファン化を狙う」なんて
常套句のように書いている自分が恥ずかしい。アホか、と。

あの動画に出会ってしまったから、横浜にも武道館にも行った。
そのくらい、すばらしい完成度と愛情あふれるパロディ動画だった。
Perfumeの「8年間」を知り、より好きになる最高のツールだった。

数多の動画が権利者の申し立てにより削除されても、道夏大陸だけは
ずっと残っていたし、パーマネントコレクションくらいに思っていた。
権利者さんも出来の良さと貢献度を鑑みて不問にしてるのかとさえ…。
そんなはずはないのだけど。

まさにクオリティチャレンジだったよなぁ。

きっとまた作者の手を離れ、誰かがUPしつづけるに違いない。
ただ、ひたむきに。

 

追記:
1月28日付の作者さんブログのエントリーには、お礼の詩(うた)が。
しかも「40MBのflv.ファイル」に対して。

やはし、プロの仕業だな。

鍋2009

1月も後半、ですが、
大学のゼミの同級生を招いて
新年会を開きました。

我が家に3人の友だちを招き、
住人2人と合わせて過去最多の5人。
ちゃんこ鍋を囲みます。

いやー、楽しかった!

残念ながら参加した全員が翌日に
仕事があるとのことで、終電でさよなら。

リビングが急にがらんと広く感じる。
食器やら食べかけのお菓子やら飲みかけのビールの缶で、
「さっきまで人がいた感」が部屋中に満ちあふれている。
淋しい!!助けて!!!
同級生にメールを送り、翌日も鍋(キムチ)。
サンキューのりさん。

プレジデント・オバマ

MacBook Proのメモリを2→4GBに増設。
だけどシステム上、実際に使われるのは3GBらしい。
劇的な変化は感じられなくて、微妙なCHANGE。

オバマ大統領の就任で湧くアメリカ。
ホワイトハウスのサイトにはブログが立ち上がり、
オバマさんの演説やら就任式の模様がYouTubeを
通して見られるようになっている。

何なんだろう、この人の聴衆を釘付けにする話しぶりは。
誤読まじりの日本語で話す某国首相とは比べものにならない。
英語のわからない僕も、なんだか期待を込めて聞き入ってしまう。

天野さんは「この人の演説には「音楽」がある」と評していたけど、
なんか分かるなー。ゴスペルも英語も疎いのに、なんか。

プレゼン

「プレゼンテーションの時代が、終わるんだよ」
と、ある打ち合わせ中に、ぼくは言いました。

「プレゼンテーション」の技術だとか、
「プレゼンテーション」が大事なんだとか、
とにかく、この20年くらいは、
この言葉を中心にさまざまな会社の仕事が
あったような気さえします。

ぼくは、じぶんが、これ、苦手だったので、
「ほぼ日」という組織をつくっていくときに、
徹底的にこの「プレゼンテーション」という概念を
無視してやってきました。
「うまく言えてなくても、
受け手側が前のめりになれば伝わるもんだ」
ということもあるわけです。

上役やら、同僚やらに「プレゼンテーション」するために
その下ごしらえの仕事に必死になっているのが、
多くの組織で働く人たちの日常だった
‥‥ように見えたのです。
ひとつのA案を練り上げるよりも、
それとちがったB案やC案を横にくっつけたり。
A案がよく見えるような説明を考える。
そんなことに努力するよりも、
「いいと思うA案」について、徹底的に考えを深めたり、
上司は上司で、そのA案をもっとよくする手伝いをすれば
落とすために考えるB案なんかに関わっている時間も、
もっといい仕事に役立てると思っているわけです。

「ダメ」は、簡単にわかります。
うまく「プレゼンテーション」できればダメにならない、
なんてことは、あっちゃいけないんです。

そういうことを、ぼくが思っているから、
「ほぼ日」のみんなは「プレゼンテーション」下手です。

しかし、そのほうが見えるものが多いんだと、
多くの人たちが、理解してくれるようになる‥‥んです。
そういう人たちの仕事の仕方が、当たり前になるんです。
ぼくはそう思っているので、つい、そう言いました。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。

今日付、ほぼ日刊イトイ新聞「今日のダーリン」より。

至言です。

朝からカルト

さっきテレビで朝のニュースを見ていたら、

「キルティングの展示でキャシー中島さんがサイン攻めに合う」

という内容が流れていて、女性アナウンサーが

「キャシーさんはカルト界の、キルト界のカリスマで」

と言い間違えていた。

カルト界のカリスマ(笑)。見えなくもない。

さよならテレ「ビデオ」

正月に実家へ帰ったときに
名作アニメOVAをダビングしたビデオテープ3本を
発掘し、親にお米や野菜と一緒に送ってもらった。

『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』

大っ好きな長編アニメーション。
いま、再びロボに会える!と思って、いざVHSテープを
テレビデオの挿入口にin!!しょうとしたところ、ダメ。
何度入れようとしてもバネのように跳ね返ってくるではないか。

・・・・。

なんと、HDDレコーダーを使い始めてから一度も
使っていなかったテレビデオのビデオ部分は、
人知れず故障していたのだった。悲しすぎる。

毎日向かい合っていたのに、気付いてあげられなくてごめんね。


テレビデオという響きも懐かしい昨今。
でかい図体して、その半分の存在価値も気付かれずに死ぬ始末。
映すのはもっぱらHDDの中のPerfume。

ジャイアントロボはDVDでレンタルしよう。