広告も変わったねぇ。

『広告も変わったねぇ。』出版記念トークショウ
天野祐吉×中島信也の「CMも変わっていくねぇ。」

に参加。青山ブックセンター本店。
約90分間、最前列でメモしながら聞き入った。

 

・「テレビ」という響きに懐かしさすら感じる
・「上から下へ」のテレビが崩壊しつつある
・つよい巨人軍がいるから阪神ファンは熱くなれる
・権力者としてのテレビがあるから批評も成り立った

・テレビは夢も希望もない、身も蓋もないメディア
だからこそ面白い。昭和天皇がほっぺたをぽりぽり
 かいているところも、災害地で「住民は怒りと不安の声を口々に」
 とレポートする背後でピースする子どもも映してしまうメディア

窓の外に木が生え室内には蔵書がある、という
 ワイドショーお決まりのセットはテレビ側が抱く夢。
 あんなものはなくていいのに、ないと不安なテレビ局

 

 

・リーマンショックは第二の9.11…広告への影響は年明けから
「軍縮」ならぬ「産縮」、産業の縮小が必要ではないか?
・過剰から適正にソフトランディングする時代へ
・だが、企業は生産か倒産しかしていない。適正化に踏み込めない
給料が半分になっても幸せな社会って描けないだろうか
・麻生内閣、あれはダメ

生活者の空気感に比べて広告はまだ脳天気
・その先を見せる装置がテレビCMだったのに
・ジョーンズ調査員(BOSS)やホワイト家族(SoftBank)は
 いまの面白いCMの極限ではないか。これを追うことは
 無理で勝てっこない。若者は別の新しいアプローチを!
眠り薬で催眠させる広告ではなく、目を覚まさせる広告を

・広告は現状へのちょっかいだったから面白い。そのために
 制作者は買い手視点であること
・だが、いまのCM制作はネガティブチェックの嵐…

サッカーのパブリックビューイングにテレビの新しいカタチ?
・ネットは個人のもの。テレビは生の、みんなのメディア
・ネットによる文化の多層化が進み、豊かになっている面も

2008年後半から激変した(といわれる)世界、温暖化が
 進む地球環境、日々降り注いでくる常識を疑ってみること

 

どうしても聞きたい質問があったのに、
言葉にまとめることが瞬時にできず、断念。
上手く言う必要なんてなかったのに。
あ〜!一生後悔するなこれ。

それにつけても良書です。
天野祐吉著『広告も変わったねぇ。
微力(非力)ながら広告しておきます。