羊たちの沈黙

実家に帰省中。

母と近所のスーパーに向かっていたら、
ひつじを散歩させる小学生を目撃する。

助手席で「ひつじ!?」と驚く息子に、
「ああ、この辺におるね」とそっけない母。
市街地なのに?一匹だけ?

あの推定10歳の男子小学生は、いつも
ひつじと心を通わせているのだろうか。

親に言われて厭々なのか、親の不理解にも
めげず必死に育てているのか、どっちだろう?

ストリートビュー考

「ストリートビューには100万枚ぐらいの写真が載ってると思うんですが、表札やらキスシーンやらが気になるなら削除依頼すればいいだけだと思うんですよねぇ。「100万分の1の写真が気に食わないからサービスそのものを廃止すべき」というのは言い過ぎなんじゃないかなと。

 「ネットを使ってない人は削除依頼できない」という話については、街中で誰かが写真を撮ってブログとかにアップしてるのと一緒で、知らなければ気にならないんだから気にしなければいいと思ったりします。撮られること自体が嫌だというのであれば、人前でキスとかしなきゃいいと思うのですよ。

 入っちゃいけないところに入ったりとか、高木浩光さんがブログで指摘していたようなところは問題で、そこは削除すべきだし、カメラの視点が高いので、塀があっても家の中を見られてしまうってのはまずいと思うので、普通の人の視点の高さにしたほうがいいと思いますけど、それ以外は大した問題じゃないのではと。

 大したことがないものをたきつけて文句を言って、自分の存在感を納得するみたいな文化がネット上にもあって、そこに見事にはまって「いやー、大変だな」と。世の中には文句を言うのが大好きな人がいるもんで、その人たちをまともに相手するのは大変だと思うんですけどね」

ITmedia ひろゆき氏と振り返る08年より。

 

僕の経験から言えば、
忘年会の居酒屋に迷わずたどり着けたり、
不動産物件を“下見”できたりと、実際に
ストリートビューを使って便利!なことが
何度かあった。

iPhoneからも使えるようになったのもうれしい。
リアルに外出先のストリートでビューできるのは
方向音痴の僕を救ってくれる。

 

たしかにプライバシー問題をはらんでいるんだろう。
けれど、今年生まれたこの利便性はもう後戻りできない。

2008年・私的10大ニュース


三谷幸喜さんと清水ミチコさんのラジオで
「2008年・私的10大ニュース」をそれぞれに
発表されていたので、それにならって自分も
今年の10大ニュースを考えてみる。

会社の人や久しぶりに会う友だちにも
「今年の10大ニュースって何ですか?」
と聞いて回っている。

これがけっこう面白くて、改めて今年を
“真剣に”振り返る機会なんて滅多になく、
意外とみんな10個も挙げられないもの。
平均すると第5位までが限界。

「婚約したこと」「10歳年下の彼女が出来た」
「上京して1周年」「○○のデザインをやった」

うんうん、そりゃあニュースだ。
でも、この先が第10位までつづかない。
お暇な方はやってみてください。
第5位を過ぎたあたりから急に出てこなくなります。

 

世の中の’08年はすごい荒れ模様だけど、
ひとの一年って、こぢんまりと愛おしい。

 

〜お暇な俺的10大ニュース〜

 第1位:「8月・隣町に引っ越し、同棲開始。」
 第2位:「5月・お互いの実家ツアー強行。」
 第3位:「7月・iPhone購入!」
 第4位:「4月・Perfumeにずっぱまる!!」
 第5位:「Bjork、RadioheadPerfumeのワンマンライヴ観戦!」
 第6位:「相次ぐ友人たちの結婚(その事実だけでニュース)。」 
 第7位:「3月・職場が赤坂に。」
 第8位:「4月・18歳の頃から愛読していた広告批評が休刊を発表。」
 第9位:「2月・ノロウィルスに感染!」
 第10位:「7月・なぜ今?彼女がビックリマンにハマる。」

マズローを読め!

風がひゅーひゅー吹き荒れている。

世の中、どこもかしこも暗い話題ばかり。

 

「マズローの欲求階層説」

生理的欲求
生命維持のための食欲・性欲・睡眠欲等の本能的・根源的な欲求

安全の欲求
衣類・住居など、安定・安全な状態を得ようとする欲求

親和(所属愛)の欲求
他人と関わりたい、他者と同じようにしたいなどの集団帰属の欲求

自我(自尊)の欲求
自分が集団から価値ある存在と認められ、尊敬されることを求める認知欲求 

自己実現の欲求
自分の能力・可能性を発揮し、創作的活動や自己の成長を図りたいと思う欲求

「欲求には優先度があり、低次の欲求が充足されると、
 より高次の欲求へと段階的に移行する」

(Wikipediaより引用)

 

ついこないだまでは
「自己実現欲求」や「自我の欲求」を
なんとなく探しあぐねていたと思ったら、

「ここ数ヶ月の急激な雇用情勢の悪化」で
「安全の欲求」「生理的欲求」を希求して
やまない状態になった。という感じがする。
この国は。

生きることが苦しくなると、
犯罪も増えるだろう、自殺も増えるだろう。

お正月くらいは「親和の欲求」に包まれたらいい。
それができないから大変なんじゃないか。という声が
いろんなところから聞こえてくる。…なにも言えない。