女性写真家の梯子

恵比寿に行く。

東京都写真美術館で
日本の新進作家展vol.7「オン・ユア・ボディ」
写真新世紀東京展2008を観る。

まず、「オン・ユア・ボディ」。
今年、木村伊兵衛写真賞を獲った志賀理江子の
作品が他を圧倒する凄みでもって静かに攻撃してくる。
もう、この人の個展でいいじゃないか!と思った。

闇に水揚げされる網と、なにか獣の
皮を剥いだ顔の写真は夢に出てきそう。
いや、夢の中のようでもある。

人々を不安に陥れる志賀さん(同い年!)の作品に最も
安心感があるという、展覧会としてはいびつだった気が。
(高橋ジュンコの映像インスタレーションは酷かった)
 
 
不穏なイメージに酔いながら地下へ移動。
気を取り直して新世紀展を4〜5年ぶりに鑑賞。

今年は優秀賞受賞者に母校の後輩や
ゼミの先生を通じて会ったことのある
元木みゆきさんもいて、薄いなりにも
接点のある人たちの活躍に出くわす。

個人的には元木さんの「ZOE」が良かった。
牛が食肉処理場で“加工”される様を撮った作品。

家畜の屠場へは仕事の取材で行ったばかりで、
彼女の写すものが、取材先で僕が見た景色以上に
せい惨かつユーモラスで興味深かった。でもその
ユーモラスな部分の居場所が定まっていなくて、
元木さんの良さが落ちきっていない気もした。

生意気なことをいえばセレクトでもっと絞り込んでも
いいかなぁと感じたり、合間に入る日本語が意味深で
うるさいなと思ったりもしたけど、力のある写真群に
恐れ入った。“再会”にうれしくなる。

他の人のはだんだんどうでもよくなった。
中には素敵なポートフォリオもあったけれど、
公募展に集まったものだけに、いるだけで疲れる。
僕がトシを取ったということかもしれない。
 
 
恵比寿を出て、品川の原美術館へ。
写真家・米田知子展「終わりは始まり」を鑑賞。

静かな風景の連作に、今日一日、目に飛び込んだ
有象無象のイメージの群れを浄化する思いに駆られる。
洗い流すのは勿体ないけど、ま、いっか。という気に
させられる。イオウ温泉に入った後のシャワーの気分。

友だちに頼まれた図録を買って帰宅。

ふんだり

けったり。
 
 
神奈川県民ホールにて予備校時代の
恩師の展示を観に行くも、最終日で
到着の15分前、午後4時に閉館。

<最終日は4時30分閉館>と勘違いしていた。

入口に向かってくる僕を確認したホールの
おばちゃんたち、ゲートを越える僕を凝視しながら
「早く閉めて閉めて!」と囁きあう。

そんなに言わなくても。

なんだよちくしょーここまで来たのにぃ、と
やりきれない思いで建物を出ると、目の前に
予備校の友人Bikiが。

「いやー、爆音でかっこよかったねー!」

事情を説明して爆笑されたのは言うまでもない。
こういう時にこそ笑う男なのだ。「いい気味!」

渋谷に戻り、ヘッドフォンのケーブルを
買い替えるためにAppleストアへ。

なぜか長蛇の列がパルコの交差点まで続く。
何だろう?と思って店内のMacで検索。
 
 
Tunes presents LIVE from Tokyo:capsule
 
 
「日本のクラブ/エレクトロシーンを牽引する
 中田ヤスタカとこしじまとしこによるユニット。
 最新アルバム「MORE! MORE! MORE!」も
 iTunesで絶讃配信中の彼らがApple Store, Shibuyaに登場します」
 
 
capsuleの無料(!)インストアライヴ。
僕が来たころに定員で締切り。

そういう日なんだ今日は。

ちょっといい話2

モスで野菜バーガーセット620円を頼んだ。1020円出した。
可愛い店員は1200円からお預かりします、といって580円返してきた。

私はおやおやおっちょこちょいなお嬢さんだ、
まあ気にせずがんばりたまえと思って指摘しお金を返した。

そしたら可愛い店員は恥ずかしそうにこちらをみて「す、すみません!私、実は試してたんです…一目惚れした人が間違いじゃなかったかどうか。でも私間違ってなかったようです、好きです!」
と言ったとか言わなかったとか。

 
 
やべぇいい話だ。

ちょっといい話

女子高に通う娘が
「夏休み期間中、外出する時は刺激的な服装を慎みなさい」
と学校から指導を受けて帰宅した。

それを受け、娘と母親が刺激的な服装ってなんだろう? 
と具体的な服装のデザインなどについて語り合っていた。

それを聞いていた父親が「セーラー服に決まっているだろう」と言った。
その夜、父親の寝室にセーラー服を着た母親がやってきた。

世界が平和でありますように。
 
 
いい話だ。

ワイエス展

アンドリュー・ワイエス展に行く。

『ミレイ展』『大琳派展』に引き続き、
美術の教科書で親しんだ作品の鑑賞。
ふらっと出れば観に行ける東京が好き。

まず、会場に設置された挨拶を読んで驚いた。
ワイエスさん、ご存命なのだ。91歳。
失礼ながら、歴史上の巨匠と思いこんでいた。

琳派展のごった煮展示とは対照的な、
ひとりの作家の変遷を追うシンプルな構成。
 

 
展覧会のポスターにもなっている「火打ち石」に
足が止まる。数点の「火打ち石のための習作」にも。

この、同じモチーフを何枚もエスキースしていく流れ、
かたちづくる過程が、創作を追体験するようで愉しい。

しばれない

秋がないままの冬到来。

先日の緊急対策会議の結果、

ついに我が家にも
オイルヒーター導入!

朝方にオンタイマーが動いて
起きた頃にはポカポカ…が楽しみ。

夜、録画したMUSICFAIRを見ながら豚しゃぶ。
ごまだれもポン酢も切れていて、
仕方なく白だしと餃子のたれで食う。

「シオノギにあるのは何だっけ?
 ミュージック?」という彼女。

シオノギにあるのはSONGだと思う。
Mないから。