そこにある必然

「最近の広告のなかでは、SoftBankの
 プププっていう音が1番やと思う」

とブログに書いている人がいた。

納得。どんなクリエイティブよりも
企業の気配を察知させられるあの音。

心を鷲づかみにされるグラフィックも
なければ、震えるようなコピーもない。

けれども、

プププッ=SoftBankって刷り込みは
他社ケータイを使う人にも認知済みだし、

着信を知らせるという機能性が
ちゃっかり“必然”にもなってるし。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

先日、カンヌ広告祭の報告会に出席した。

その中で、サイバー、チタニウム両部門で
Wグランプリに輝いたUNIQLOCKの制作者、
田中耕一郎氏のビデオインタビューが紹介された。

「PC上で、“そこにある必然”をつくれば
 コミュニケーションとして強いんじゃないかと考えた。
 それが時計だった」

なるほど、“必然”ほど強力なものはないのかも。
生活や風景にとけ込んでいるものは誰も排除できないし
受け入れていることを意識することもない。

そのスキマに入れるか否かは、ほんと微妙。
センスとか仕上げ力とかがモノを言う世界。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

田中耕一郎さんのことばの続き。

「けれど、時計とUNIQLOがどう結びつくのかなぁ?って。
 ある日、UNIQLO+CLOCKでUNIQLOCKという言葉を
 思いついて、すべてがパッとつながったんですよ」