23:30 ポニョを見た

「崖の上のポニョ」、について。

彼女に付き合う形で観に行きました。
うーん。な感じです。もやっとしてます。

 

最後まで誰にも感情移入できず、ただただ

・洪水の中、お母さんが5歳児に留守番を強要したり
・住民の反対を押し切って嵐の中を暴走運転したり・・・
・俳優が下手すぎだったり(一茂は意外と上手い)

にハラハラというか、腹が立ちました。

 

これは子どもを軸にしたファンタジーなんだ、と思っても、
その物語自体に大きな起伏があるわけでもなく、なぜこれが
大ヒットなのか理解できませんでした。つまんなかったです。

「宮崎アニメを批判するのはなんとなく刺されそうだけど・・・」
という前置きで、僕を映画館に連れて行った当人も首をかしげつつ

「私だめだったわ、ポニョ。これは私がダメなのかなぁ」

いやいやいや、そんなことないよ!
共感しあえたのはむしろ唯一の救い。

映画評論家の町山さん
「『夢』を撮った往年の黒澤明のボケっぷりが
 ポニョの宮崎駿にも見て取れる、ヤバイかも」
と言ってたけども、うん確かに。

 

“お口直し”に『ダークナイト』観てきます。