「殺さないで」


今は3台目、黒のiPodを使っている。

最初(2003年春)に買った第三世代と
次(2004年秋)に買った第四世代(写真)は
とうに壊れているものと思って放置していたが、
いい加減に捨てなきゃと、廃棄の前に分解を試みた。

ところが、外装が頑丈でいっこうに開かない。
ゆで卵を割るみたいに机に叩き付けてもみたが、
ぜんぜんダメ。

分解して、中のデータを復帰させたり盗んだりを
防止してから捨てようと思っていたので、困った。
音楽はいいとしてもアドレス帳は“破壊”したい。

ん?…そもそもデータは残っているのか?

ついに起動すらしなくなり、修理に出しても
「ダメでした」とさじを投げられたこいつらに、
物理的にHDDを破壊するだけの必要性がある?

2台とも充電してみた。
数時間経って本体からケーブルを抜いた。
手がボタンに触れた。Appleマークが出た!

ふつうに使えた。
中の音楽も使用当時のまま残っている。
2台とも生きていた。

「捨てられる!と思って急いで起きたんだよ」
と言って、今はふたたび彼女が使っている。
それでも1台余ってしまう。