UTADA UNITED 2006

午後6時〜、宇多田ヒカルのライヴを観る。
代々木第一体育館。

4時半に彼女と原宿駅で待ち合わせ。
休日の原宿は人人人。

ライヴはあっという間の2時間だった。

いきなり
「Passion」から「This is Love」へと
繋ぎ、聴きたかった「Traveling」
「Keep Tryin’」、

そして高校卒業から浪人生活へ突入の
しょっぱい時期を超個人的に思い出させる
「Automatic」、最後に
「光」を歌い上げ‥‥

って、すごい端折って書いてるけど、
実際、ものすごく早く感じた。

シングル曲が多くて聴きやすかったし、
時折マイクを握ったまま天を仰ぐ姿が
かっこいい。
汗で髪が重たくなっていて、色気があった。

背中で流れるLEDスクリーンは
角度が悪くて見えなかった。
それだけが残念といえば残念。

 

新宿で彼女とパスタを食べて、駅で別れた。

UTADA UNITED 2006」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 解像度が変える « note|tacrow.com

コメントは受け付けていません。