EIKO by EIKO

アートディレクター・石岡瑛子氏のレクチャーに参加した。

 

ちょっと遅刻しかけた(ギリギリセーフ)。
午後4時~、六本木ヒルズ49階。満員御礼状態。

 

 

石岡瑛子
グラフィックデザイナー、アートディレクターとして資生堂、パルコ、角川書店などの広告キャンペーンを成功に導き、1970年代にセンセーションを巻き起こす。1980年代に入ってN.Yに活動の拠点を移し、映画、演劇、オペラから展覧会、ミュージックビデオ、サーカス、そしてオリンピックまで、幅広いプロジェクトの創り手として国際的に活躍。アカデミー賞、グラミー賞、ニューヨーク批評家協会賞、カンヌ国際映画祭芸術貢献賞など、国際的な賞を多数受賞。1992年、ニューヨーク・アートディレクターズクラブ名誉殊勲賞により殿堂入り。2002年、紫褒褒章受賞。作品集に「EIKO BY EIKO」「EIKO ON STAGE」。

(略歴より抜粋)

 

第一部:映画『MISHIMA』鑑賞
第二部:レクチャー(進行・小池一子)

 

かつて、大学でもこれほど
刺激的な講義を受けたことはない
と言っても過言ではないと思う。
素晴らしかった。

 

Timeless,
Originality,
Revolutionaly

普遍的、
独創的、
革新的
であるために心がけること。

自分ひとりの力と数百人の能力を掛け合わせること。

女はダメだと言わせない、
日本人はダメだと言わせない、
そして今は、年寄りはダメだと言わせない。

そう掲げてデビューから今まで走ってこられたという。闘争の歴史。

 

数々のエピソードから、なんだか心強いものをもらった気がする。

極めてアーティスティックな仕事でありながら、
広告や映画といったショービジネスを「デザイン」する。

 

そんな石岡さんのお仕事の中で
僕が最も惹きつけられたのが、
ソルトレイク冬季オリンピックの
コスチュームデザイン。

スピードスケート用の、肌に密着したレーシングウェア。
石岡さんはこれを

「1,000分の1秒を争う人が着るものだから、当然、機能性も重視されるけれど、闘争心を着るという側面もあるに違いないと考えました。だからガッツポーズをした瞬間が最も美しく見えるデザインにしたんです」

と説明してくれた。

このスーツを着たカトリオーナ選手は金メダルを取り、『TIME』の表紙を飾った。
そこには、深紅のスーツに身を包み拳を突き上げるアスリートの姿があった。

完璧なデザインというものがあるかどうか僕には分からないけど、完璧を見た思いだった。

四月女優

四月バカみたいで
書きませんでしたが、
昨日、女優の蒼井優さんを
見ました。学校で。

 

映画の撮影だったようです。
美人でした。
意外と背ぇ高かった。

ロケバスとか機材とか
スタッフさんが図書館前に
集結していて、壮観でした。

 

映画の公開は夏だそうです。
あのキャンパスがどんな映像になっているのか、
今から楽しみです(※エイプリルフールじゃないよ)。