蜂と父

いよいよ、スズメバチがウチのベランダにも出没。
洗濯物に染みこんだ水を吸っているものと思われる。

 

実家の天井裏に、スズメバチが巣を作ったことがある。

最初に異変を察知したのは僕だった。
中学校からの帰り、自転車からわが家を見た。
二階の屋根で、黄色い物体が大量に行き来している。

それを家族に報告した。早速、駆除に出た。
庭の裏に回った。巣は天井裏にある。屋根の隙間が、
奴等の出入り口になっているのが一目で分かった。

父が掃除機を背中におぶって、飛来してくるハチを
丸ごと吸い込もうとした。掃除機の白いパイプが、
すごい勢いで体長五センチはあるハチを吸い取った。

父は言った。

「いけるぞ」

傍らで見つつ、上空でハチの大群がパニックに
なっているのが分かった。怒りで我を忘れている。

案の定、地上のぼくらに飛んできた。
何の武装もしていなかったことが逆に幸いして、
僕はいち目散に逃げることが出来た。助かった。

が、父は、頭を刺された。背負っている掃除機を
投げるように外し、急いで母を呼ぶ。
そのまま帰らぬ人となった。じゃなくて。
病院へ直行し、一命は取り留めた。ていうか普通だった。

父の努力とアイディアも虚しく、
駆除専門の人が来て、天井裏から信じられない物を
おろしてきた。20inchブラウン管TVくらいはある。
両手で抱えるのは無理かもしれないほどの、黒い塊。
その特大の巣には、膨大な数の成虫と幼虫がうごめいていた。

傍らには、ぼろぼろになった掃除機が、あった。

(以上、プロジェクトXっぽく読んで)

そういう経験上、僕はスズメバチが恐いのだと思う。

ハチと街とダチ

どうも、我がアパート入り口に植えられた桃の木に、
スズメバチが大群で巣を作ろうとしているようだ。

あと一年も住んでいないとは思うが、今朝、数十匹の
ハチを見て、はやく引っ越したいという思いが更に強まった。

 

そんな自然味あふれる(?)立川市だが、
秋に店舗のオープンラッシュが来るらしい。
ビックカメラ上部階に美大生御用達のユザワヤ。
and一応イタリアンレストランのサイゼリヤ。
and駅のルミネにユナイテッド・アローズ。

逆に。

足繁く通っていたラーメン屋は立ち退きで潰れ、
出身予備校も校舎の統合で、昔と違う場所になった。
なにより友達が、みんな就職で引っ越してしまった。

残るはbikiとkoni、rumi姉、自分。
この先、誰がどこに行くのかも気になるが、
…ハチがどう巣作りをするのか、の方が気がかり。

時々、窓越しにハチと目が合う。

後日談

コスメティック・ルネッサンス(意味無し)。

さすがに汚いので、ゴミ箱は空にしました。
初めはきれいだった血の色も、次第に赤褐色の汚物に見えてきて。

 

どうやら、斜め向かいのお宅が「青木」さんだったようです。
てことは、本当に祭の挨拶だった??祭自体は八月末なのに?

…なんにせよカネならありません。

 

ツテで家庭教師の広告に使う写真を撮るはずでしたが、
先方の都合というやつで、お流れになりました。
嘘くさい勉強風景を撮りたかったけど。

東京は実測で40度を超えてしまいましたが、
電気代の方も、案の定、先月の二倍になってました。
ちなみに、明細によると昨年七月分の1.5倍でもあります。
誰か僕に7,600円ください。

…なんにせよカネがありません。

ひさびさに

distance 更新しました。
やってて気持ち悪かったです。

でも面白い。自分で制御できないから。

Webをやってて自分自身が把握しきれないことなど
ふつうはあり得ないんで。

よかったら見てみてください。
その際は、更新ボタンを何度も押してください。

 

海の日の今日、川へ行きました。
川は川野次官が流れていました、もとい、
川の時間が流れていました。

帰宅して、ごはんを作って食べて、鼻血が出ました。

今わが家のゴミ箱を見ると、
とんでもないことになってます。