difference

高校時代に撮った写真たち。

5、6年前の写真になる。

今と違うなら、それは銀塩とデジタルの差か。
それだけじゃない何かが、ある気がする。

何か、とは何なのか。
昨日、友人と朝まで語り合った。

高校時代、写真を撮るには動機が必要だった。
浪人時代、写真を撮るにはイベントが必要だった。
現在、写真を撮るのに何かを必要とはしていない。

今の写真は対象が定まっていない気がする。ただの視点。
昔は、そこにある思い出というか、感情移入できる記号としてのモノが存在していた。

どんどんカオスになってきていると思う。混沌。

僕の彼女は、「今の方が手探りな感じがする」と言っていた。
昔の方が感情移入出来るコトに溢れているだけ、分かりやすく、取っ付きやすいと。
それはそうだと思う。高校時代も浪人時代も、毎日が記念日みたいなもんだった。

僕等.

今年の夏、アートユニット「ぼくら」の二人、
小西俊也と伊藤拓郎でweb写真展を開きます。

一応、紹介文を考えたのでここに載せます。以下。

ぼくらは僕等へ。

昨年夏に開かれた、「ぼくらEXHIBITION」。生まれや育ち、学校も異なるメンバーで構成されているぼくらは、考え方、表現の方向性も違ったアプローチを備えている。あえて共通したものを探せば「全員メガネをかけている」といったことぐらい。
そんなぼくらは、今年も西東京でなにやらコソコソ。

web写真展、「僕等.」 。
場所を立川からwebに移し、メンバーの内2名で
「僕等.」と称してweb写真を随時アップします。

小西俊也。伊藤拓郎。

ふたりの僕等はデジカメ片手に、西東京を散歩します。
もしかしたら、貴方の街にも現れるかもしれません。
撮られたガゾウは即日アップ。リアルタイムな展示を目指す、僕等初の試みです。
メガネのフレームと、デジカメのピクセルから見えるものだけを頼りに、街を焼き込みます。
いっそう、僕等の各々の違いや、眼のゆく所が表れると信じています。
これはぼくら始まって以来のコラボレートかもしれません。
西東京の街と、僕の視線、僕等の画像。そして、あなたのクリック。
すべてが、ある世界観を構築せんことを願いつつ。

今年、ぼくらは僕等へ。


今年第一弾の展示となります。
詳細は後日書きます。乞うご期待。

たいそうなものじゃございませんが、
西東京アート・マンス2003との連動で、街を撮ってみます。
こうしたイベントを重ねることが、大事だろうと考えてます。
人と人とのつながりを重ねることです。

て言ってもたいしたことは考えてないんで、楽しめたらいいなーと。

最近のポリシー。適当に頑張る。を、体現します。

そうそう、ところで土用の丑の日、うなぎ。美味でした。

Fireworks 2003

昭和記念公園花火大会に行ってきました。

 

’99年からだから、今年で五年目になります。
上京して五回目の花火でした。

 

去年は、病院を二か月ぶりに退院してから
見る花火で、田舎から来ていた母と見物しました。

今年は元気な体で見れました。
大輪の花。轟く音。

上空に直径300メートルの花が咲く度に、
感慨深いものも有り。

 

東京の梅雨も明けそうです。
ていうか、もう明けたかな。

 

そうそう。花火大会で見た、異様な風景。

観客がみんな、ケータイの写メールで
花火の写真を撮っていたんです。

闇に光るは花火だけにあらず。
ケータイのウィンドウが煌煌と白い明かりを発し、
それが一面に広がっていました。
この写真にも少しだけ写っています。ほら、白〜い明かりが。

 

写メールの光も、それはそれで綺麗だけど、
花火には適うはずもなく。なんだかカルト宗教っぽい。
交信という名の信仰、みたいな。

 

人のこと言えないか。